【それでも大企業に入社したい?①】

<それでも大企業に就職したいですか?>

 


こんちくわ。ビジネスマンです。


みなさん、大企業に入りたいですか?


私はもう大企業に入社しようと思いません。


で、なぜ大企業に入りたいと思わないか!?

 

その理由は明確です。

 


メリットがデメリットを上回っているからです。

 

f:id:businessmans:20180820183453p:plain


これはもちろん、私にとっての価値観上の話です。


その大企業のメリット・デメリットはよそ様のサイトでも紹介されていて慣れっこでしょうけど、

御多分に漏れずこのサイトでも「個人の実体験として」紹介いたします。


<メリット>

 

1:給料高い:クレイジーなほど高給。私が社長や人事担当なら入社したばかりの私にこんなに払いません。

 

2:福利厚生や各種手当が厚い:たぶん年収にプラス50~100万円分くらいにはなってる。住宅手当/海外勤務対象者はもっとプラス。

 

3:知名度が高い:何かの申し込みをするとき、社員証や名刺出しただけで信用調査パスされてます。親戚ウケいい。


<デメリット>

 

たくさんありすぎてこの溢れる思いを書ききれないのですが、公平にメリットと同じ3項目をUPしますね。

 

1:社員がつまらない:高学歴が多く真面目過ぎ。その反動なのかいろんな意味で変態多い。

2:無駄な仕事が多い:何もお金を生まない自己満足な作業が多い。主にキレイに作るパワポ資料とかね。

 

3:優秀すぎる:「優秀」ではなく「優秀すぎる」。専門性が深い。品質に厳しい。完璧さを求められる。


まずメリット1についてですが、これはもう言わずもがな、給料に文句を言う社員が誰もいません。

 

もっと給料上がればなーとか、給料安いよな!とか、前職ではみんな呪文のように言ってましたが、

大企業では皆無!皆無も皆無!!みんな不満など言わない。聞いたことがない。

 

この、文句言わない=実力以上はもらってる自覚がある、なんでしょうけど、それは私もそうです。

 

「これだけもらってるんだから文句いえないよねぇ」のスピリットです。

実際に口に出してそうボヤく人もいます。

独り言とはいえ、口に出して言わなくていいのに・・・


私の給料は前職に比べるとバカ高いので、入社時に提示された当時は、

待遇条件を5度見くらいしました。6度見だったかも。いや、正直10回はニヤニヤ見た。


一応ですね、前職も、世間でよく言われる平均年収以上はもらってたんですよ。


そこそこの企業の子会社だったので、そこそこはいただいてたんですね。

 

で、それと比較するわけですが、もう笑うしかないです。今の大企業の給料の値付け。


転職していた当時は他の大企業からも内定オファーを受けていたので、

それ以上の額を提示しないと私が入社してくれないと考えたらいしいんです。

 

転職活動ではどれも素晴らしい大企業ばかりを中心に入社面接を受けていて、

最終面接のスケジュールをデリケートに微調整した結果、

大企業3社から同時に内定をもらっていまして、転職エージェントの担当曰く、

裏ではそれらの企業内で私の契約年俸アゲアゲ合戦が繰り広げられていたみたいです。


転職エージェント営業担当:


「ビジネスマンさんに関しては、すごく贅沢な交渉ができています。」

 

という当時の談話もありました。


実際、どれくらいの金額イメージかと言えば、中小企業の社員であれば、

今の地位の最低2~最高3階級上の給料がもらえるようになったと想像していいと思います。

 

現在が主任や係長なら部長/本部長クラスの給料をもらえるということです。

すごいことですよね?これって。

 

「あなた、来月から本部長です。給料も本部長級にUPします」

という感じでしょうか。ぜひ想像してみてください。

 

 

どうですか?

「何言ってるの?」

 

って思いませんか?


しかし、もらえるものはもらいます。ありがとう。大企業っていいよね!


今は「給料だけは」そんな感じです。役職はないですから。

 


で、この「給料が高い」が「役職(権限)がない」ですが、これが私にとってのマイナスでした。

整理すると、前職は、

「給料が安い」が「役職がある」

で、今は、

「給料が高い」が「役職がない」

です。


補足すると、前職は生きていく上で十分な給料でした。


みなさん、給料が高い方がいいに決まっていますが、過剰な給料をいただいてどうしますか?

 

車が欲しいですか?

 

広い家を買いますか?

 

新作のiphoneを買いたいですか?

 

いいものを食べたいですか?

 

私はどれもノーなんです。


車は自分にも他人にもリスクが高いですからできる限り運転したくないですし、

家が広いと掃除が大変だし、導線が長くなって不便に感じてしまいます。

 

他人にいつでも呼び出されるスマートホンなんてできれば無くなればいいと考えてますし、

食べ物は奥さんがそこそこの食材をとってもおいしい料理にしてくれます。外食嫌いだし。


で、もう一つの役職の有無についてですが、私は、

「いちいち誰かにお願いしながらお伺いを立てるのが嫌い」

なので、役職(権限)は欲しいんです。

 

いや、無くてもいいから過剰に報告を催促するのは止めて欲しい。

小さな判断までも逐一報告し、お伺いを立てる必要のある、この大企業の文化が息苦しい。

 

現場や部下のことを信用していない証拠だと勘ぐってしまうわけです。

 

もちろん、上手な共有や報告をすればいいんでしょうけど、

そんなもの、上司の仕事のやり方やさじ加減次第でしょう。

 

そこまでいくと運に左右されてしまいます。


外資企業やベンチャーではありえない、いわゆる、

 

「今いただいたご要望に関しては、会社に戻り次第、上司の判断を仰いだ上で回答したいと思います。」

 

という恥ずかしいお客様訪問や、社内向けの仕事のやり方を毎度しているわけなんです。


これ、本当にしんどいですよ。自分の存在価値を毎度毎度問うわけですからね。

大企業社員は歯車の一つ、というのは嘘ではないと感じています。


それでも、

 

「たくさんお金もらってるから気にしないもん」

 

と言える人は、何かを失うか捨てている気がしてなりません。

 

総じて、大企業にて

 

「給料高く」て「役職(権限)がある」

 

が理想なのですが、

それは私が超優秀と思う人でもなかなか実現できていないので、

私の今後のキャリアを考えた時に、難しいなぁと悩んでいるところです。


わかってて入社したんじゃないの?と言われるかもしれませんが、

正確には「うすうすわかってはいた」です。入ってみれば事実でした、

というオチです。残念!


慣れればどうってことないんでしょうけど、慣れていいのかな、この現状・・・


大企業に入りたいという方々は、気を付けてくださいね。

 

入社した会社や部署にもよると思いますが、それでもこの傾向は8割方変わらないと思いますよ。

 

ある程度の裁量や報告・連絡・相談の質や頻度の緩さを求めるのであれば中小(中収入)、

非常に厳しい管理下に置かれるのでも良いのであれば大企業(高収入)、


自分的には中小のある程度の緩さが合っていたな、と感じています。
気がまったく休まらないですからね。


お金よりも精神的な健康を選ぶのが良いと感じているところです!

 

 

次は福利厚生や各種手当が厚い件に関してですが、

 

【それでも大企業に入社したい?②】に続く、、、

 

 

www.bigcompany.work