【それでも大企業に入社したい?③】

<それでも大企業に就職したいですか?>

 
こんちくわ!ビジネスマンです。


前回の続きです。

 

 

www.bigcompany.work

 


おさらい。

 

<メリット>

 

1:給料高い:クレイジーなほど高給。私が社長や人事担当なら私にこんなに払いません。

 

2:福利厚生や各種手当が厚い:たぶん年収にプラス100万くらいにはなってる。住宅手当/海外勤務対象者はもっとプラス。

 

3:知名度が高い:何かの申し込みをするとき、社員証や名刺出しただけで信用調査パスされてます。親戚ウケいい。


<デメリット>

 

1:社員がつまらない:高学歴が多く真面目過ぎ。その反動なのかいろんな意味で変態多い。

 

2:無駄な仕事が多い:何もお金を生まない自己満足な作業が多い。主にキレイに作るパワポ資料とかね。

 

3:優秀すぎる:「優秀」ではなく「優秀すぎる」。専門性が深い。品質に厳しい。完璧さを求められる。


で、今回は「知名度が高いことで得をする」の件です。

 

f:id:businessmans:20180820184148p:plain


まず、家族、親戚、友人が大いに喜んでくれました。

その食いつき方がすごかったです。

 

特に、ばあちゃんまでがこの会社の名前を知っていて、すごいすごいと喜んできたので、

日本では大企業のネームバリューの影響は大きいなぁと思いました。


前職の中小企業に入社するときは、

 

「どこの会社?」

 

「何してるの?怪しい仕事じゃないでしょうね」等、

 

キミたちひどいな、家族だろ?って言いたいくらい親兄弟からも疑われましたからね。

 

もう絶対報告してやらない、って考えてたけど、試しに言ってみると正反対の反応ですよ。


まぁ、優秀で真面目な兄弟や親戚と比べると、小さいころから割と適当で破天荒に生きてきたので、

私のそういう普段の行いのせいもあったんでしょうけど、

前職の中小企業と今回の有名大企業のその差を大いに感じた次第です。


何というか、この程度で、というとおかしいですが、

家族や親戚が安心してくれたのは私もうれしかったと思います。


大学時代の友人たちの反応としては、

 

「おお、おめでとう。お前なら受かってもおかしくないな」

 

という、え?そんなに信用してくれてたの?という意外な展開。

 

普段からバカばっかりしている仲間なので、ふつーにお祝いしてくれました。


ちなみに、前職の中小企業を辞める時には転職先を言う気はなかったので

転職先を聞かれても基本的にスルーしていましたが、

かなりしつこかったので社名を言うと、

一瞬、時が止まりました。なんだったんだ、あの時間は。ザ・ワールド発動か。


その中でも、職場で仲の良い人たちは大いに喜んでくれて、

私が退職するまでも、退職してからも何度も飲み会を開いてくれてうれしかったのを覚えています。


ただ、普段から私に無理やり仕事を押し付けてきたり、

自分の仕事上のミスを私に擦り付けてた先輩や上司たちは静かになってました。


うん、わかるよ。その反応。ごめんね。けっこういい(と言われている)会社に行くんだわ。

 

あなたたちが普段から「俺たちもいつかは~」って冗談みたいに本気で言ってた、

 

「あの有名大企業」

 

に行くんだわ。

 

私があなたたちより仕事ができて、他部署から頼られて目立ってたからと、

「ちょっと仕事できるからっていい気になってる」と、

まるで正しいこと言うように堂々と口に出していじめてきてたもんね。

 

「今後気を付けたいので、私がいい気になってるという言動の根拠を教えてください」

 

と聞くと黙ってたね。個人的感情だもん、根拠なんてないよね。

 

なんかさ、ごめんね。君たちのことは相手にしてなかったんだけど、結果的に傷つけちゃったみたい。

 

その後の「ビジネスマン君、やっぱりすごいんだね」のヘラヘラ愛想笑いは気持ち悪かったです。

 

でも、この優越感は別に得ではないですが、見返すってこういうことなんだなぁと感じた記憶はあります。


他のメリットだと、みなさんも日常でいろんな場面で社名を聞かれることがあると思いますが、

そんな場面に出くわした際に、小さな楽ができています。

 

・社名を聞き返されなくなりました、楽!

 

・領収証発行時とか、一発で理解してくれるから、楽!

 

・保険の見積もりの時に社員証や名刺を見せるだけで簡易審査をパスできるから、楽!

 

・見知らぬ人との会話で話題に事欠かないから、楽!

 


・・・うーん、こう整理してみると、知名度的には社会的にお得な部分が小さいな。

 

 


次はデメリット編「社員がつまらない」です。


【それでも大企業に入社したい?④】に続く、、、

 

 

www.bigcompany.work