【それでも大企業に入社したい?②】

<それでも大企業に就職したいですか?>

 


こんちくわ!ビジネスマンです。


前回の続きでございます。

 

 

www.bigcompany.work

 


おさらい。 

 

<メリット>

 

1:給料高い:クレイジーなほど高給。私が社長や人事担当なら私にこんなに払いません。

 

2:福利厚生や各種手当が厚い:たぶん年収にプラス100万くらいにはなってる。住宅手当/海外勤務対象者はもっとプラス。

 

3:知名度が高い:何かの申し込みをするとき、社員証や名刺出しただけで信用調査パスされてます。親戚ウケいい。


<デメリット>

 

1:社員がつまらない:高学歴が多く真面目過ぎ。その反動なのかいろんな意味で変態多い。

 

2:無駄な仕事が多い:何もお金を生まない自己満足な作業が多い。主にキレイに作るパワポ資料とかね。

 

3:優秀すぎる:「優秀」ではなく「優秀すぎる」。専門性が深い。品質に厳しい。完璧さを求められる。


えーと、そう、メリット2の、大企業の福利厚生や各種手当の件ですね。

 

 

f:id:businessmans:20180820183722p:plain

 


会社によって違うとは思いますが、思いつくのは主にこんなところでしょうか。

 

A:交通費
→一部、もしくは上限まで通勤費用を補助

 

B:医療・健康
→健康保険や人間ドック

 

C文化・体育・レクリエーション
→スポーツクラブ優待等

D:家族手当
→養育費の補助や家族の死亡時の一時金等

 

E:住宅手当・家賃
→一部、もしくは上限まで家賃を補助

 

F:ライフサポート
→食費、介護、育児

 

G:共済会
→自社で資金を賄い財源を確保し、保険制度を提供


でもこれ、A~Cまでは中小でも多くの企業にあるものですよね。

 

その共通部分の中での差は何かというと、保険料負担が通常は3割ですが、

もうちょい多めに負担してもらえるみたいです。

 

詳しくは計算してないけど、2割負担でいいくらいかな。大きいといえば大きいですね。

 

それくらいなので、中小と大企業の差分としては実質はD~Gまでの話ですが、

Dに関しては子供2人として、ひとりアタマ1万円の、二人で月に2万程でしょうか。

 

年額で24万プラスですね。これは大きいです。

 

でも、子供いなければ0円です。当たりはずれがある制度はあんまり期待しないほうがいいかも!


Eの住宅手当に関しては、うちは出ません!

昔に撤廃されたみたいです・・・

 

入社何年かの若手は、「寮に住むなら」、という名目で家賃が免除されますが、

そもそもその寮がボロくてみんなすぐ出ていくみたいです。

 

親元を離れた上で名門野球部にいて、宿舎や寮生活経験者です!

なんて社員は大企業には滅多にいないわけですから、

時代が時代。そりゃあみんな嫌がりますよね。


通常補助としては、転勤したら全額ではなく「一部」会社に負担してもらえますが、

独身社員や家族一緒に引っ越しでもしなければ得ではないと思います。

 

単身赴任なんてただの損。2か所分の住居費を支払うことになりますし、

食事に関わる費用も完全に別となり、家族でのスケールメリットを期待できないですから。


あ、でも海外赴任については、赴任手当が付くので潤うそうです。年収が1割ほど増えます。

 

まぁ、かといって、とある社員は「ロシア行ってこい」とか言われても

うれしくはなかったそうですケドね。みなさんもそうでしょ?

 

家族とは離れる、言葉通じない、慣れない仕事、慣れない環境しかも海外、

気候が自分に合わないと一種の拷問、社会情勢のリスクも常に付きまといます。

で、月に10万円の手当て。望む人は少ないと思います。若手は手を挙げる人もいるみたいですけど。


万人に対して、「お金あげるから〇〇しなさい」、の会社命令も限度があるということです。


Fのライフサポートは食費「補助」がこずかい程度には出ます。が。こずかい程度です。

 

ないよりマシですが、あまり騒ぐほどではないかと思います。

 

こずかいを増やしたい人はビールを控えたりやたばこを止めましょうね。

 


最後は、Gの共済会についてです。


社員数が多い大企業ならではの制度で、保険が格安で加入できます。

本当に安いの?と、通常の保険と相見積もりを取ってみたのですが、

全てにおいて半額以下でした!いいじゃないか大企業!!

 

平均的な月3万円を保険料に使ってる人は1.5万円以下になる計算です。

 

年額18万円ですね。これはあなどれない!

 

自社共済だけでなく、一般の保険会社も団体割引で格安で入れますよ。


後、他にユニークなものがありまして、

 

『カフェテリアプラン』

 

というものがあります。


これは年額n万円程度ポイントがもらえて、会社が設定しているメニュー内で使えるというものです。

 

例えば、家賃補助や英会話教室の費用とかですね。


その他福利厚生がありますが、

細かすぎてあまり一般的にはヒットしないものなので割愛させていただきます。

 

 


次は知名度が高いことで得をする件に関してですが、

 

【それでも大企業に入社したい?③】に続く、、、

 

 

www.bigcompany.work