【それでも大企業に入社したい?⑥】

<それでも大企業に就職したいですか?>

 

こんちくわ!ビジネスマンです。


前回の続きになります。

  

www.bigcompany.work

 


おさらい。

 

<メリット>

 

1:給料高い:クレイジーなほど高給。私が社長や人事担当なら私にこんなに払いません。

 

2:福利厚生や各種手当が厚い:たぶん年収にプラス100万くらいにはなってる。住宅手当/海外勤務対象者はもっとプラス。

 

3:知名度が高い:何かの申し込みをするとき、社員証や名刺出しただけで信用調査パスされてます。親戚ウケがいい。


<デメリット>

 

1:社員がつまらない:高学歴が多く真面目過ぎ。その反動なのかいろんな意味で変態多い。

 

2:無駄な仕事が多い:何もお金を生まない自己満足な作業が多い。主にキレイに作るパワポ資料とかね。

 

3:優秀すぎる:「優秀」ではなく「優秀すぎる」。専門性が深い。品質に厳しい。完璧さを求められる。


で、今回はデメリット編「優秀すぎる」の件です。

 

 

ãåªç§ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

デメリットなのか?と悩むところですが、今のところデメリットです。

そう。


「周りの社員のレベルが高い」


もうですね。一生かなわない、と思わせる優秀な人たちがゴロゴロいる。

自分にコンプレックスを感じることが非常に多いです。


また、頭がいい人は要領もいいんですよ。

 

例えばシステムの操作方法なんかも、ちょっと説明書読んだだけで

コツを覚えて何でもすぐにやり遂げてしまいます。

 

きっと家具の組み立てとかも上手なんじゃないかなと想像しています。


前職の中小企業だと私の思考スピードについてこれず物分かりの悪い人が多くて苦労してましたから、

逆に考えれば今の環境はいいのかもしれません。会話の進みが非常に速い。


問題は、自分よりも能力的に劣る人間を見ると「ダメ社員」と見てくる人もいるってことなんですよね。

 

効率の良さを重視する優秀な人間は、相手のペースには合わせる気がありませんから、

少しでもテンポが遅い言動をこちらが取るとイライラして怒ってくる人もいます。

 

文句が言えないですよ。相手の方が高みにいるのがわかるんですから。


人間性が劣っているという意味では、中手企業と比べると比較的多いと言えるかもしれません。

 

もうね、パワポの上部と下部の挿入画像のインデントがちょっとズレてただけで、

 

「このズレ直せ。気持ち悪いんだよ!」

 

と、キレる人もいるんです。


何があったか知らんけど、まぁ落ち着けと言ってやりたい。


そんな、優秀でも自己中で短気な人が多いだけに人間関係も良くはありません(悪いとは言わない)。

 

お互い笑顔だけど、よそよそしいのがわかります。見ていて悲しい。

 

いや、これがわが大企業の一部署では普通なのかもしれません。


中小企業時代はみんな個性があり、バラバラな価値観でもそれを尊重し合っていて、

何だかんだと同じ方向に向かって協力できていました。

 

そもそも、自分に対しても他人に対しても嘘をつく人間がいなかったんです。


今の大企業はというと、個性はなく、みんな一緒の言動を心がけており、

おれはこう思う、君ははどうだ、といったブレスト始まりではなく、

お互いが牛歩戦術レベルでチラチラ様子を見ながら

ジリジリとにじみ寄るコミュニケーションをとっています。

 

横並びから抜け出して少しでも違う意見を出すと、

異論を出した人を全員で白い目でみる様な雰囲気です。


ミスをしない、勝手な行動はしない、合意形成を取る、といった文化なのでこうなるのでしょう。


優秀優秀と言っていますが、会社に染まった、会社にとって優秀な人でも、

職場の仲間や家族、友人たちにとって優秀かどうかはわからないかもしれませんね。


個人的に、優秀でも自己中なのは、

お互いに良質な人間形成をしていける相手ではないなぁと感じています。


早く、おもしろいという意味で常識がぶっ飛んだ社員を見つけたいと思う日々です。